.

【Bobike GO/ボバイク ゴー】パステルカラーがカワイイ子乗せチャイルドシート

こんにちわ!

空に浮かぶ雲がフロントホークに見え職業病を実感した今日この頃・・・

滋賀県南草津駅から徒歩4分「自転車のクルミヤ」です。

今回はこちらのオシャレなチャイルドシートをご紹介!!

モデル GO Carrier Mount – ゴー キャリア マウント
Bobike GO は、Bobikeの最新シリーズ。

[耐荷重] お子様体重9~22kgまたは、約9ヶ月から5歳まで
[取付け可能キャリア (荷台) ] クラス25規格以上
[安全規格] ヨーロッパ規格 EN14344

[特徴] 安全性に優れた二重壁構造、組み立てや調整に工具は不要で簡単に取付け可能、快適で耐久性に優れたクッションシート、頑丈なイージークリックのバックル、工具無しで調節可能なフットレスト、オランダデザイン、ヨーロッパ製。

yepp(イエップ)やPolisport -(ポリスポート)、Bobike(ボバイク)など、オランダメーカーはオシャレ且つ、性能面でも信頼が高く、日本でも少し自転車に変化をつけたいカスタム等で人気!!

ちなみに、日本では「OGK」の子乗せをつけられている方が大半ですが、世界的にはポリスポートが圧倒的。

当店の展示車にも取付けてみました!

「オシャレーー!!」

ちなみに画像の自転車(WELBY)とセットで54,800円(税抜)。

日本ブランド子乗せとの大きな違いは、手持ちバーがありません。
ここは文化の違いとしかいえませんが、お母様方が一番驚くポイント。

そして良く質問されるのが「どこを持つのですか?」

答えとしては「基本どこも持ちません」

車のチャイルドシートには手持ちのバーがなくても自然体でいるように自転車の子乗せもしっかりベルトをしていれば問題ありません。

これは私の息子でYEPPをずっと使用して体感もしました。

そして海外製のチャイルドシートは日本ブランドに比べて股上がタイトなつくり。
その為、シートベルトをした時にフィット感が高く揺れても身体が安定します。

逆にいえば日本の子乗せは発売当初、後ろカゴと兼用で使えるような形から販売がはじまり、股上が深い為にベルトをしてもフィット感なく「手持ちのハンドルバー」が必要だったのではないでしょうか。

ただ、最近の日本ブランド子乗せ(パナソニック電動純正品等)も傾向的には股上が浅く形は海外ブランドに近づいています。

肩ベルトは成長にあわせて3ヶ所に取付け位置があり変更が可能です。

足元位置も同じように上下の調整がワンタッチで可能!!とても便利。

カラーは全部で5色!!
どれも付けてみたくなるラインナップ♪

しかもヘルメットも同一カラーで販売しています。
こちらのヘルメットは当店でもとても人気!!
子乗せとお揃いのカラーカワイイですね。*サイズはXS、Sサイズ展開 4200円(税抜)

とても良い感じなのですが、二つほど私なりの注意点。

《適合するレインカバーがない》・・・YEPP、ポリスポートなどはリトルキディーズのレインカバーが装着可能ですが、ボバイクGOはリトルキディーズも装着が負荷。最近は、レインカバーが定着づいてきているので、用途によっては要注意。

《シートが固め》・・・シート座面にクッションはついているものの、背面などはクッション的なものはありません。お子様によってはのりごごちが固く感じられるかもしれません。

「如何でしたでしょうか?」

色々な子乗せブランドがありますが、店頭にて展示中ですので気になった方は是非、試しにこられてくださいね!!
是非、お待ちしております。

 




~自転車のクルミヤ~

滋賀県草津市野路町667番地5 THREE店舗1階
TEL  077-514-8908
URL https://kurumiya.org/

営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜日

出張修理も承っておりま~す!⇒【こちらをクリック】 ~自転車出張修理のご案内~ 滋賀県(草津市/野洲市/栗東市/大津市/守山市)

【滋賀県地域限定のオンラインショップ】
下記のバナーからリンクできます↓